「OM-X」の研究・安全性

確かな製品力と徹底した安全管理

世界に認められた確かな研究力と製品力

約30年間に渡る数多くの研究に裏打ちされた確かな製品力

「OM-X」独自の「TH10」乳酸菌は、1998年に世界的な微生物学者である大平猪一郎博士によって、東南アジアの伝統的発酵食品「テンペ」から発見されました。合計180種類以上の乳酸菌を用い、タンパク質分解能力を比較したところ、なんと約6.25倍もの高い能力を持っていることが判明しました。
今では20報を超える研究論文が学会誌に掲載され、数々の学会発表も行われています。さらには、国内外の共同研究も盛んに行われ、多くの試験結果も発表されています。
「TH10」乳酸菌をはじめとする12種類の乳酸菌で発酵熟成された「OM-X」は、現在も多くの研究者の注目を集め、抗酸化作用や免疫、アレルギー、便通改善作用といった効果が日々発見されています。「研究」を重視する姿勢が評価され、海外の医師や病院施設でも利用されています。

製造からカプセル化までの品質も徹底管理

健康食品GMP認定工場で、医薬品レベルの高い製造技術を採用しています

「OM-X」の品質管理は徹底しています。原材料の入荷時には、有害菌による汚染がないかどうかをきちんと検品しています。さらに、工場内の数百ある発酵樽は、発酵開始から最大5年先まで、毎月全て徹底的に検査されます。乳酸菌数の確認、有害菌が発生していないかどうかの確認、異物混入の有無などを試験しています。
最終的に完成した製品も、形状や粘性、水分含量などの正常を検査して、品質が完全に保証された状態で出荷しています。特に、カプセル化する際は徹底したこだわりを追求しています。通常、粘性の高いペーストをカプセルに充填することは難しいといわれています。しかし、長い研究の結果「OM-X」ペーストをソフトカプセルに充填させることに成功しました。
健康食品GMP認定工場で、医薬品レベルの高い製造技術を採用し、ペーストの充填時も高温を加えることのないカプセル化を実現しています。

ヒト試験でも証明された高い安全性

「栄養成分分析」「乳酸菌数検査」「残留農薬検査」「毒性検査」「放射能検査」などなど

完成した「OM-X」は、全てのロットごとに第三者機関で検査されています。アミノ酸量やビタミン・ミネラル量、有機酸量などの「栄養成分分析」、「乳酸菌数検査」をきちんと評価し、全ての証明書をそろえることで製品の品質評価を行っています。また、「残留農薬検査」「毒性検査」を実施することで、商品の安全・安心を保証しています。
近年では、放射能に関する対応も徹底し、各種原料の入荷時にはそれぞれの原料ごとに放射能検査を行っています。さらに、ロットごとに(財)食品分析センターにおいて放射能検査を行い、「検出されない」ことを確認した後に証明書を発行しています。

高い安全性が証明され、学術論文に発表されました

近年は、人間レベルでの安全性が求められるようになりました。そこで、アメリカのハーバード大学との共同研究によって、人間が飲用した際の高い安全性が証明され、学術論文に発表されました。こうした徹底した機能性、安全性の追求により、国内外から非常に高い評価を受けています。

商品紹介

バイオバンクは、乳酸菌など自然のものだけを利用した健康食品・化粧品等を研究・開発しています。

サイトマップ
株式会社 バイオバンク
株式会社 バイオバンク
〒700-0952
岡山県岡山市北区平田388番地1
Tel.086-239-4141/Fax.086-805-6005