論文発表



Enterococcus faecalis TH10によって産生された抗菌活性を持つ可能性のある3-フェニル乳酸の同定

掲載日時 2004/01/01

症例:抗菌性

Enterococcus faecalis TH10が産生するフェニル乳酸は各種病原体に対して優れた抗菌効果を発揮します

Biocontrol Science. 9, 77-81 (2004)

Identification of 3-phenyllactic acid as a possible antibacterial substance produced by Enterococcus faecalis TH10.

Enterococcus faecalis TH10によって産生された抗菌活性を持つ可能性のある3-フェニル乳酸の同定


岡山大学農学部との共同研究の結果が、Biocontrol Science誌に掲載されました。


【目的】

テンペから分離されたE. faecalis TH10の培養液は、種々の病原菌に対して優れた抗菌活性を示します。そこで、抗菌活性に寄与している物質の同定と精製を試みました。

 【方法】

E. faecalis TH10の培養上清を溶媒で抽出し、逆層HPLCクロマトグラフィーに共し、抗菌活性を示す画分を検討しました。さらに、抗菌性物質を同定するために、GC/MSクロマトグラフィー測定を行いました。

 【結果】

HPLCにて培養上清を分画した結果、80%メタノール溶出画分にMRSAや大腸菌O-157などに対する高い抗菌活性が認められました。物質の同定結果、E.faecalis TH10が産生するのはフェニル乳酸であり、D-体:L-体=21の比率で産生していることも明らかになりました。D体とL体を同時に産生する乳酸菌の存在は知られていないため、E. faecalis TH10独自の特長であり、高い抗菌性に寄与していることが示唆されました。




ページ内検索




更新順

Last updated 2016/07/26

商品紹介

バイオバンクは、乳酸菌など自然のものだけを利用した健康食品・化粧品等を研究・開発しています。

サイトマップ
株式会社 バイオバンク
株式会社 バイオバンク
〒700-0952
岡山県岡山市北区平田388番地1
Tel.086-239-4141/Fax.086-805-6005